Last update at 2009/04/01

YAOMONは出町の喫茶店で御座います。 創業80年以上を誇る京料理仕出し「矢尾門」の喫茶部として1983年に開店
席数25席ほどのふつうの喫茶店ですがぐうたらな店主 (画像は10ん年前のもの・もう、そんなヤツはどこにもいません)が 店の真ん中にパソコンを持ち出して雰囲気を壊しています。
YAOMONでは「インターネットやらなどうしまんねん!」と、商店街の理事長を口説き落としPowerMac7200/120を導入(分かる人には何年前なのか分かる・・・)、出町商店街振興組合のホームページの維持管理をしていますが、なにぶん性格がグウタラなもので・・・・
ちなみに、お困りの方には回線をお貸しする、えせインターネットカフェですが、Fon を取り付けていますので、フォネラのみなさんには公衆無線LANとして自由にお使いいただけます
また、98年7月に設立された「でまち倶楽部」と02年にできた「京極歴史探偵団」の事務局も兼ねていますが、なにぶん性格が・・・・・
所在地:京都市上京区今出川通寺町西入ル(京阪出町柳駅と地下鉄今出川駅の真ん中よりちょっと東よりの御所の角の北向かい=気さくな立地条件?)
営業:午前10時〜午後7時(弱冠嘘が入っています。確実には11時〜かな?)
休業日:日、祝日及び夏期、冬期に臨時休業(5月18日はお祭りなので絶対休みです)


メニュー

YAOMONのコーヒー

京都のマイナーブランド「青い山」製ブレンドを使用。ちゃんといれればとってもおいしい コーヒーです。(ペーパーフィルター使用、日に何回かはちゃんとはいる)一杯¥350也 その他、カフェオレ¥400

YAOMONの紅茶

コーヒーを飲むと胃もたれするボク・・・。それ故、紅茶にも力を入れております。 レモンorミルクティーは¥300也 その他、ロイヤルミルクティー¥400、シナモンティー¥450、ジンジャーティー¥450、マサラティー(裏メニュー)¥450

YAOMONは日本茶がおいしい、そのわけは?

静岡県榛原郡本川根町「川根茶園」直送の高級煎茶使用。日本一の環境で作られたお茶です。 ゆうたらなんですが、日本人には日本茶が一番です。ちゃんといれたちゃんとしたお茶を飲んでみて下さい。 絶対目から鱗が落ちます。 健康にも日本茶が一番です。最近ココアにガン予防の効果があると評判ですが、川根地方は 日本で一番発ガン率が低いと言う事実にはかないません、ホンマ。
ということで、高級煎茶(ダージリンより高い!)お変わりありで¥400

「川根茶園」では奥大井の川霧をたっぷり浴びた[有機栽培]最高級川根茶の地方発送も承っております。

お問い合わせは 電話・Fax 0547-59-2157

 

YAOMONのメニューに戻る



店主の"佐々木guutara真"でございます

1957年9月15日日曜日(働くのが嫌いなのはそのせいだと思う)生まれ
某近所の幼稚園(近所なので忍び込んで遊んでいる内に先生と顔見知りになって 5月くらいに入れてもらったそうだ、ええ時代やった)
京極小学校(6年生の時、創立100周年を迎える、湯川秀樹博士が来てNHKのニュースに写った)
某近所の私立中学(歩いて5分なので受けた、公立の上京中学は倍ほどかかるのでいやだった、なんちゅうぐうたらなやつ、と、自分でも思う)
某私立(エスカレーター)高校(高校のある岩倉と言うところは電車通学だと30分はかかった、しかし バイク通学がしたかったので平気だった、18になると車でも行った。あのころは まわり中田圃や畑で置場所には困らなかった、まだまだええ時代だった)
某私立(エスカレーター)大学文学部美学及芸術学専攻(高校からはほぼ100%推薦のみで大学に行けた。ただし各学部から定員の割り当てがあるので成績順に行く学部が決まる傾向があった。ちなみに美芸に行った男子は一人・・・さすがにふつうの大学生はいませんでした。男子は3分の1くらい知らない間にいなくなった、ゼミコンパは何故か最後に乱闘になって2回が限度、文化学科のお荷物、文学部の恥部等色々言っていただきましたが、我々こそが正しい大学生活(ある意味では)を送ったということをーこの場を持ってー確認したい、オットト・・後悔してますチョット)
卒業後約二年間、家業「料理仕出し業」を手伝うもある日・・・
「おまえ、嫁はんもらうつもりやったら自分で稼げよ」と、突然言われる.。
以来、ほぼ20年一度も改装せず今日に至る(結局、稼げていない)
只今、ご縁があって商店街、まちづくり、おみこし、などにイッチョカミさせていただいてます


YAOMONのメニューに戻る


でまち倶楽部
ソレ行けでまちへGO!



京都市上京区今出川通寺町西入ル革堂内町522
E-mail
info@yaomon.demachi.jp